本作の構成・演出を手掛けるのは

尾上流四代家元を継承する、尾上菊之丞

 

主となる物語は荒魂と八岐大蛇。

主となる登場人物はスサノオ(尾上右近)と

イワナガヒメ(水 夏希)。

 

スサノオの成長物語を展開しながら、

イワナガヒメの闇堕ち、

草薙剣の誕生からイワナガヒメの神上がりまで、

日本という国の構築に大きな役割を果たした

スサノオとイワナガヒメの

魂の交わりを描きます。

 

そして川井郁子のヴァイオリンと

吉井盛悟の和楽器の音色、

石見神楽(MASUDAカグラボ)の舞が

本作を彩ります

_4KH0202_edited_edited.png